CO-OP INFORMATION SYSTEMS CO., LTD.

社員紹介(髙澤担当)

2015年入社 髙澤 胡桃担当

基幹システム部 基幹運用グループ

髙澤さんは、手に職をつけるためという思いから、IT関係の専門学校でプログラムなどの開発を2年間学びました。就職活動時、学校の求人で社名を見て、「あ、コープ知ってる!知名度もあるし、ブラック企業が多いと聞いていたIT企業の中でも安心して働けそう!」と思ったそうです。入社後はサービスデスク業務を3年間経験、現在は商品基幹システムの運用業務をしています。いつもその場を明るくしてくれる、家族と同僚思いの魅力あふれる存在です。

1.入社したきっかけと、業務内容を教えてください。

最初のサービスデスクの業務では、日本生協連の職員に対して、主に業務システムやOA関連のお問合せ対応をしていました。はじめは、とりあえず電話を取ることで精いっぱいでしたが、だんだん知識の幅が広がり、ヒアリングの経験を積むことができました。現在は、商品基幹システムの運用を担う部署で、システムの障害や問合せ対応をしています。また、制度などの改定やOSの更新などに応じて必要な対応をしています。

入社当初の髙澤さん

2.仕事の面白み、難しさはどんなところですか。

以前所属していたサービスデスクグループの時に、問合せのエスカレーションをしていた部署が、現在の部署です。これまでの幅広い知識に加え、専門的な知識が必要とされます。最初は仕様書や過去の資料を読み解くのも大変で、戸惑いも多かったです。わからないところは先輩たちに教えてもらい、次第に、部分的な知識がつながって全体がが見えてくるようになってきました。難しい問合わせでも、いろいろと調べて解決し感謝の声をいただくと、苦労した分、嬉しさと達成感でいっぱいになります。

3.この会社に入って自分が成長したと思うところは?

学生時代までは、上がり症で緊張してしまい、人と話すことに苦手意識がありました。サービスデスクグループで、毎日たくさんの電話対応をしているうちに、自信につながり、苦手意識がなくなりました。また、専門学校ではシステム開発を学んでいましたが、会社に入ってからは、開発だけでなく、システムに関する知識の幅がぐーんと広がりました。もっと経験を積んで、安定したシステムを利用者さんに提供できるようになりたいです。

4.この会社の魅力を教えてください。

職場では優しい人が多く、障害対応などで慌てふためいている時は、先輩が声をかけてくれたり、フォローしてくれることもしばしばで、部署を超えて協力してくれます。また、女性が活躍しているのも魅力ですね。直属の上司は女性ですし、他の部署でも女性管理職がいるので、女性も長く働きやすく、かつ、活躍できる環境なのだと思います。夏休みや冬休みなど長期の休みもとりやすいし、残業も比較的少ないので、プライベートも充実しています。

5.プライベートの時間はどのように過ごしていますか?今、夢中になっている事は何ですか?

旅行が好きで、よく旅行に行っています。最近は、友達同士で、熱海や京都に行って食べ歩きを楽んできました。昨年はベトナムにも足をのばしました。また、毎年、両親のお誕生日の記念に、兄弟でお金を出し合ってプレゼント旅行を企画しています。前回は家族で伊香保に行き、牧場で大自然や動物たちに触れたり、上州牛を堪能しました。両親にも喜んでもらえて良い思い出になりました。旅行以外でも、職場の同僚と女子会をしたりして楽しんでます。

6.上司の髙久グループマネージャーから見た髙澤さんはどんな方ですか?

一言でいえば「頑張り屋さん」。髙澤さんは、2018年4月にサービスデスクGから現在の部署に異動となりましたが、前部署の経験を活かし利用者さんからの問合せや作業依頼の対応をメインに担当していただいています。

とにかく明るく元気で、周囲に気配りしながら上手くコミュニケーションをとって仕事を進められる点が非常に素晴らしいと思います。どんなに自分が忙しくても困っている人のサポートができています。システムの視点だけでなく、利用者さんの立場に立って回答や提案をするよう心がけているようで、信頼も着々と得ていると思われます。

これからは、日本生協連の商品事業系の仕組みについてシステムの知識だけでなく業務の知識も増やしていっていただきたいです。そして、利用者さんに対して、受け身ではなく、自ら働きかけて提案できるようになっていただくことを期待します。(髙久グループマネージャー 2009年入社)

インタビュー時:2019年

PAGETOP
Copyright © コープ情報システム株式会社 All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。