1月下旬、既存の社員と、4月から入社予定の内定者と一緒に「賀川豊彦記念松沢資料館」へ見学に行きました。
生協の父と呼ばれる、賀川豊彦の資料館です。

DVD視聴の後、専属講師に講演していただき、資料館の見学をし、賀川豊彦の生い立ちや、多岐にわたる様々な功績を学習しました。

特に、神戸のスラムに自ら移り住み、救済や子どもたちへの教育、そして貧困の根本原因をなくす「防貧」の運動へと発展させたというエピソードは印象的でした。

偉大な方が築いた生協の会社で働くということ、ひとりひとり再認識する良い機会となりました。