最近、SDGsのピンバッチや、ラッピングされた電車を目にする機会が増えました。当社でも社員全員にピンバッチを配布しています。


2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」には、生協の事業・活動と強い関わりを持つ目標があります。 当社の親組織である日本生協連では、プラスチック問題や資源調達など持続可能性の社会的課題としてSDGsの目標達成に向けて、さまざまな取り組みを進めています。
当社でも日本生協連グループの一員 として、SDGsについて理解を深めるため、12月から3回にわたり社内で学習会を開催しました。

講師として日本生協連の 社会・地域活動推進部 の方をお招きし、前半は講義、後半はカードゲームのプログラムで実施。カードゲームは、グループに分かれ手持ちのリソースカードを用いて、課題解決のアイディアを競う対戦形式で盛り上がりました。
参加者からは、「SDGs自体への興味と関心がより深まった」「カードゲームを使用したグループディスカッションが面白かった」などの感想が寄せられました。

日本生協連のSDGsの取組みはこちら