10月1日、来春入社予定の内定者5名を迎え、内定式と内定者交流会が行われました。今年度は採用面接も第1回の内定者交流会も感染拡大の影響でオンラインで実施。でも、直接会って会社のことを伝えたいという思いから、ソーシャルディスタンスなどに配慮し、対面で実施することに。初めて内定者5名が集合、役員や人事担当者も初顔合わせとなりました。

内定証はひとりひとりに直接社長から手渡され、役員からのメッセージ、内定者からの抱負…。昨年までは当たり前だった光景が、とても新鮮でした。気を引き締めてこの苦境も乗り切ろうという決意が伝わってきました。

交流会では、同期になる仲間に出会えてほっとしたのと同時に、みなぎる活気が感じられました。先輩社員と交流も話が盛り上がり、来年度からの社会人生活のイメージが少しづつわいてきたようでした。