コープ情報システムでは、日本生協連やコープ共済連などの業務システムの安定稼働のため、 横浜の専用の施設に常駐し、ネットワーク回線やバッチJOB・サーバ機器の監視を担っています。

メンバーは、インフラ構築部インフラ運用グループの一部の社員が日勤帯に勤務し、業務委託のオペレーターが、24時間365日体制で交代勤務しています。コロナ禍においては、万が一罹患者が出ても濃厚接触者を最小限に抑えるため、 グループに分け、お互いのグループ同士は顔を合わせないようにしました。交代時の引継ぎは別々の部屋で内線電話で行っています。

あらゆるリスクから情報を守るため、様々な工夫を凝らして日々奮闘しています。新型コロナウィルスの影響がおさまったら、「データセンターオペレーション業務短期体験」や新人職員向けの「データセンター見学会」も再開される予定です。

写真はイメージです