2021年1月13 日

コープ情報システム株式会社
代表取締役社長 尾辻 雅昭


新型コロナウイルス感染症に関する当社の対応について

東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県において、極めて高い水準で感染拡大が続いている状況から、政府は1都3県に緊急事態宣言を再発出しました。

生協は多くの人々のふだんのくらしを支える組織であり、店舗や宅配等は社会的なインフラとなっています。全国の生協が組合員のくらしを支え続けられるよう、組合員への商品供給を最優先とし、日本生協連グループのIT部門としての役割を引き続き果たしてまいります。

緊急事態宣言下では政府の感染拡大防止策に協力し、社員の健康・安全確保と事業継続を両立させる必要があります。そのため、緊急事態宣言下において当社では以下の対応とさせていただきます。

1. 日本生協連グループの商品供給継続のために、情報システムの安定稼働を実現します。

2. 職場での感染予防を再徹底し、在宅テレワークや時差出勤を拡大し、出勤率を全体で2割以下に抑えます。

3. 訪問商談や会議については以下の対応といたします。ご理解とご協力をお願いします。

(1) 1都3県を発着とする移動は原則、見合わせることといたします。

(2) 1都3県以外の感染拡大地域とそれ以外の地域間の移動も自粛いたします。

(3) 上記を前提にWeb会議での会議開催を基本とします。

(4) 業務上、緊急かつ必要性のある場合のみ、相手先との合意を前提に、最小限の人数で感染対策を取って訪問することとします。

ご迷惑をおかけいたしますが、一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
経営管理室(電話:050-3205-1240)